地域包括支援センター

介護保険をご利用の方を色んな職種、方面で支えます!~~ケアマネジャー奮闘編②

2017.11.28 火曜日

よっちゃばれし! 地域包括支援センターです!!

毎年行っている『介護支援専門員(以下、ケアマネ)研修会』の続きです(^_-)-☆
後半は前半の多職種による模擬会議を見て、多職種を交えたグループごとに以下の2つの視点をもとに話し合いを行いました( ..)φ
①気が付いたことなど感想を話し合う
②明日から取り組めそうなこと、今後に生かせそうなこと
H29.10ケアマネ研修Ⅱ①
H29.10ケアマネ研修Ⅱ③
H29.10ケアマネ研修Ⅱ②
H29.10ケアマネ研修Ⅱ④
研修ではありますが、とてもリラックスした雰囲気の中、自由に意見交換をすることができました!たくさんの意見も出て、時間がいくらあっても足りないくらいでした(*^_^*)


それぞれのグループからは…
H29.10ケアマネ研修Ⅱ⑥
H29.10ケアマネ研修Ⅱ⑤
H29.10ケアマネ研修Ⅱ⑧
「サービス導入にあたって家族の理解を得るには、伝え方に具体例(本人の足腰状態が良くなる、家族負担が軽減されるなど)をあげると良さそう。」
「専門的な視点(薬、食べ物、水分など)が足りないことがわかった。アセスメントの先に自立を見据えて、リスクだけでなく、できていることやリハビリの視点を入れていきたい。」
「学んだ視点を定着させる為、多職種と気軽につながるシステムを作る!!」
といった前向きな意見が多くあがりました。
また多職種からも「薬局にいるだけではわからない、生活の視点を考えることができた。」といった意見がありました(^O^)/


主任ケアマネさんに、
H29.10ケアマネ研修Ⅱ⑦
「多職種連携による会議は、ケアマネの視点にプラスするもので、決してケアマネを非難する会議ではない。」というまとめをしてもらいました。


今回の研修を通して“多職種連携”はケアマネだけでなく、多職種にとっても有意義、つまり両者にとってプラスになるものなんですね
(゚∇^d) グッ!!

1人で悩まず色んな人と繋がろう~ケアマネジャー奮闘編①~

2017.11.21 火曜日

よっちゃばれし! 地域包括支援センターです!!

毎年行っている
介護支援専門員(以下、ケアマネ)研修会』 (^_^)♪
今年は…
「多職種の視点を交え、潜在しているニーズを探ってみよう」
「多職種の役割について改めて理解しよう~グループごとに楽しく語らいながら多職種とつながろう~」
という2本立てのテーマで行い、36名の方が参加してくれました☆☆
H29.10ケアマネ研修Ⅰ①


介護においては、現在ホットなワードである「多職種連携」!
そもそも介護における「多職種連携」って…?
この多職種には、医師や歯科医師、保健師や看護師、薬剤師、歯科衛生士、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、栄養士、社会福祉士などの職種があります。
H29.10ケアマネ研修Ⅰ②
H29.10ケアマネ研修Ⅰ③
例えば一人の高齢者を支える場合、病気や薬、住宅環境や経済面などの日常生活上など様々な問題が混在しています。
ケアマネ一人で支援をするよりも、他の専門職と連携や役割分担をしながらチームとして支援することで、自分にはない視点に気が付くことができ、高齢者にとってよりより方法で生活を送ることができます。


前半は、ケアマネが担当している事例Aさんについて多職種(研修当日は11名)で話し合い(模擬会議)をしました(^O^)/
H29.10ケアマネ研修Ⅰ⑤
H29.10ケアマネ研修Ⅰ⑧
H29.10ケアマネ研修Ⅰ⑨
H29.10ケアマネ研修Ⅰ⑩
理学療法士「Aさんは近所に買い物に行っていると言っていましたが、膝も悪いようなので、横断歩道が青信号のうちに渡りきれているのか確認が必要ですね。」
薬剤師「○○薬は、特に転倒のリスクが高いので注意が必要です。」
栄養士「認知症があって腐ったものを食べているようですが、冷蔵庫の中身はどうなっているのでしょうか?」
…といった、専門職ならではの視点がたくさん出てきました(*^_^*)


H29.10ケアマネ研修Ⅰ⑥
H29.10ケアマネ研修Ⅰ⑦
高齢者を多角的かつ広い視野で考えることができる、まさに貴重な話し合い!
ケアマネだけでも、また専門職だけでも気が付きにくい視点を教えてもらうことができ、お互いにとって有意義な時間となりました (^-^)//””パチ

こういった多職種による話し合いを国や県でも進めていますが、ケアマネが一人で抱えて悩むこともなくなり、チームが自分を支えてくれる存在になってくれて心強いですね~(^_-)-☆


後半は次回のブログでお伝えします!

レンジでプリン♥心も通う、「たべること」の魅力

2017.11.1 水曜日

よってけし! 地域包括支援センターです!!

10月10日に開催した言いっぱなし聞きっぱなしカフェのご様子をご紹介します。

食欲の秋」ということで、今回は参加者のみなさんと一緒におやつ作りを行いました~♪
テーマは、『電子レンジdeプリン』 v(^∀^*)☆

町の管理栄養士からレシピや作り方についての紹介があり
H29.10月カフェ①

さっそく、調理にとりかかりました!
まずはカラメル作り♪
H29.10月カフェ②

コップに砂糖と水を入れ、よく溶かしてから電子レンジであたためます。
H29.10月カフェ➂

良い色になりました!
H29.10月カフェ④

続いて、プリン作りです。卵をドロドロの部分がなくなるまでよくかき混ぜ、さらに牛乳と砂糖を加えたものを先ほどのコップへゆっくりと注ぎ、再び電子レンジであたためます。
H29.10月カフェ⑤

あたため終わったらタオルで包んで5分程度保温し、最後に冷蔵庫で冷やしたら完成です☆
H29.10月カフェ⑥

出来上がったものを試食してみると、『美味しくて簡単に作れるから自分の家でも試してみよう♪』、『手軽に栄養が取れるから良いね♪』といった声がありました!
H29.10月カフェ⑦

試食をしながら、管理栄養士から低栄養予防や日々の献立づくりのポイントなど生活に身近な栄養のお話がありましたが、みなさん深くうなづきながら聞いていました。

「食」に対する関心の高さがうかがえましたb(’0’)d

H29.10月カフェ⑧

美味しいものを食べると、自然と表情がほころび話も弾みます!
茶話会の中では、参加者同士でおやつ作りなどの紹介をし合っていて、「食」をきっかけに話に華が咲いていました。

そんな、食べ物のもつふしぎな力を実感した1日でした♪♪


次回カフェは、11月24日(金)に開催ですので、どうぞお気軽にお立ち寄りくださいませ(^_^)/

『音楽の力に魅せられて~言いっぱ聞きっぱカフェ通信~』

2017.10.23 月曜日

よってけし! 地域包括支援センターです!!

9月12日(火)に開催した『言いっぱなし聞きっぱなしカフェ』の様子をご紹介したいと思います。

今回のカフェでは、ミニ講座の講師として音楽療法士の中先生をお招きしました♪

昨年度同様に参加者から大変ご好評をいただき、それを証拠に今年度最多となる、なんと21名もの方にお越しいただくことができました☆
H29.9言いっぱなし聞きっぱなしカフェ①

音楽療法ってなんぞや??
音楽療法とは、「音楽のもつ生理的、心理的、社会的働きを用いて、心身の障害の回復、機能の維持改善、生活の質の向上、行動変容などに向けて、音楽を意図的、計画的に使用すること(日本音楽療法学会)」と定義されています。
ミニ講座の中では、中先生のピアノの伴奏に沿って昔懐かしの曲をみなさんと一緒に歌いました!

みなさんのご様子を見ていると。 。 。

懐かしい思い出を蘇らせ、相づちを打ちながら曲に浸っている方や曲のリズムに合わせながらタンバリンやカスタネット、マラカスなどの楽器を演奏している方など楽しみ方は人それぞれでした (^ω ^)ノ♪
H29.9言いっぱなし聞きっぱなしカフェ②

H29.9言いっぱなし聞きっぱなしカフェ➂

小道具を用いることで、自分の知らないような曲でも楽しめる工夫がされており、あっという間に時間が過ぎていきました~♪
H29.9言いっぱなし聞きっぱなしカフェ④

H29.9言いっぱなし聞きっぱなしカフェ⑤

音楽療法にはさまざまな効果がありますが、「リラックス効果」、「ストレス解消効果」、また「認知症予防効果」であったりと当カフェの目的を果たしてくれる、そんな重要な役割をもっています!

実際に、曲が続く中で気分が良くなり、マイクを持って独唱を披露する参加者の方もいらっしゃいました。


さらに音楽療法には、コミュニケーションをサポートする効果もあるみたいですね♪
H29.9言いっぱなし聞きっぱなしカフェ⑥

H29.9言いっぱなし聞きっぱなしカフェ⑦


ミニ講座後の茶話会では、各々話が盛り上がっている様子でした。
かなり楽しいひと時となったのではないでしょうか (*´I`*)。○

そんな音楽の持つ力を肌で感じた1日となりました♪♪


阿原も元気!ジーンズ姿のおしりもステキに変化~いき百通信~

2017.10.16 月曜日

よっちゃばれし!地域包括支援センターです!!

いきいき百歳体操の町内第2号グループ、『阿原100歳元気クラブ』が8月末に3カ月後の評価を行いました。
当日は区長さんも駆けつけてくださり、「地区に元気な高齢者が増えていくことが喜ばしい!」といった挨拶をしてくださいました。

さて、お待ちかね!体力測定を実施!!
この日の気温は軽く30度を超える気温だったので、熱中症に注意をしながら、5m歩行、TUG(TimeUpGo)など4種類の測定をしました。
いき百阿原100才3か月②
いき百阿原100才3か月④
いき百阿原100才3か月③
いき百阿原100才3か月①
測定値の記入は世話人さんたちも手伝ってくださり、スムーズに行うことができました(^_^)
グループ全体としても、どの測定項目も良くなっており、バッチリ効果が現れていました!


また保健師からは測定値の見方、体力測定と体操との関連についての話をさせてもらいました☆
いき百阿原100才3か月⑤



そのあとは約3ヶ月間体操に取り組んでみての感想発表会を行いました(^_^)/
いき百阿原100才3か月⑥
「膝が悪く、階段の上り下りが大変だったけど、百歳体操を始めてから楽になった。」
「おしりのお肉が落ちて、ジーンズがかっこよくはけるようになった。」
「町のジムにも通っているので体力面では問題ないが、百歳体操はみんなが同じ場所に集まり顔を合わせてできるのでよい。」
といった感想がいろんな面で効果が出ているといった感想を聞くことができました(*^_^*)


体操を始める際の条件が“最低3ヶ月は実施をする”ということでしたが、今後も百歳体操を続けていきたいか聞いてみると…
いき百阿原100才3か月⑧
この通り、参加者全員が勢いよく手を挙げてくれました!!
やはり効果を体感できると、継続したいという気持ちも自然とわいてくるものなんですね♪


ちなみに広報9月号には、活動しているグループ(H29.9月現在)の紹介を載せましたので、こちらもご覧くださ~い★★
いき百阿原100才3か月⑦

懐かしレコードと氷と癒し~言いっぱなし聞きっぱなしカフェ通信~

2017.10.12 木曜日

よっちゃばれし!地域包括支援センターです!!

ブログを書くのが遅れていてごめんなさい…m(__)m
大変遅くなりましたが、8月の「言いっぱなし聞きっぱなしカフェ」のご様子をお伝えします☆

実は8月のカフェ、いつもとは違った場所で行いました!
その場所とは…“総合会館のロビー”です(^_^)/
H29.8月カフェ⑦
H29.8月カフェ⑤
どうでしょう?ちょっといつもとは違った雰囲気を感じ取っていただけるでしょうか?

そして写真上方に『氷』の旗が見えるでしょうか(^_-)-☆?
そうです!8月のカフェでは、暑い夏を乗り切ろうと『かき氷』を提供してみました~♪
H29.8月カフェ①
とっても暑い日だったので、かき氷も大盛況!!スタッフもフル稼働でした~(^_^;)
H29.8月カフェ⑩


ミニ講座では、町社会福祉協議会の長谷川さんも参加して、懐かしのレコード鑑賞をしました。
H29.8月カフェ③
H29.8月カフェ②
H29.8月カフェ⑨
さらに昔懐かしい、風合いのある独特なレコードの音色を聴きながら、おしゃべりもはずみました。またロビーで行ったため、普段は立ち寄らない、いろんな方が「何してるの?」と覗いてくれました(*^_^*)


H29.8月カフェ⑥
H29.8月カフェ④
「この曲聴いていた頃にさぁ…」
「そういえばこんなことがあったよね~。」
「この人の曲好きだったなー。」「次はどんな曲を聴いてみる?」
レコードをきっかけにした話で盛り上がって、あっという間の2時間でした\(^o^)/


ちなみにこのレコードの数々は、講師やスタッフが持参した物以外に、カフェの参加者が寄付してくださった物も含まれています!
H29.8月カフェ⑧



カフェを立ち上げて、約2年。
少しずつですが、“参加者と一緒に作り上げるカフェ”になってきています(*^_^*)

認知症になっても「優しい中学生の支え」あります?!~中学生認知症サポーター養成講座より③~

2017.9.4 月曜日

よっちゃばれし! 地域包括支援センターです!!

いよいよ「認知症スチューデントサポーター養成講座」の記事も最後です!7/11には2年1組、2組のみなさんが満を持して受講してくれました(*^_^*)

まずは“キャッチゲーム”!単純なゲームですが、予想以上の盛り上がりでした☆
H29.7.11認知症スチュサポ①

H29.7.11認知症スチュサポ②
先生も一緒にありがとうございますッ(*´м`*)

すでに受講したクラスからネタ漏れ?!があったようでしたが、みんな真剣に聞いてくれました!
H29.7.11認知症スチュサポ③

H29.7.11認知症スチュサポ④



そしてメインとなる、事例を用いたロールプレイ((φ(..。)
H29.7.11認知症スチュサポ⑤
H29.7.11認知症スチュサポ⑥
当日話し合いの様子をみながら発表をお願いしているのですが、みんな断らずにやってくれます!
こちらの『コンビニ編』では、個性はあれど?!ちゃーんと店員さんになりきって演じてくれました。
押原中学校の2年生って、本当にすばらしいですねぇ~(´_`。)


さてさて『下校編』C= C= C= ┌(;・_・)┘トコトコ
「私は○○の家の○○です。どちらに行かれるんですか?」「方向が違っているので、一緒に帰りましょう。」
H29.7.11認知症スチュサポ⑦
女の子チームは、まずは自分が誰なのかを名乗って安心感を与える工夫をしてくれていました。


「家が近いので、僕たちと一緒に帰りましょう。」「あ!足もと気を付けてください。」
H29.7.11認知症スチュサポ⑧
男の子チームは認知症どうこうではなく、高齢者に対して優しい声かけをしてくれました。
3日間で初めてのことだったので、認知症者役を演じた住民キャラバンメイトのMさんも大絶賛していました“”ハ(^◇^*)パチパチ♪

受講後のアンケートにも、
「登下校中などに高齢者の方にはよく会うので、あいさつをしたり、困っている様子があれば助けてあげようと思った。」
とありましたが、認知症の方だけではなく、広く高齢者に対して優しい気持ちをもってくれる中学生が増えることは、町全体としても嬉しいことですね\(^▽^)Λ(^▽^)Λ(^▽^)/ 


最後は集合写真とスナップ写真ですッ(・_/■ゝパチ
H29.7.11認知症スチュサポ⑨
H29.7.11認知症スチュサポ⑩
H29.7.11認知症スチュサポ⑪
H29.7.11認知症スチュサポ⑫
H29.7.11認知症スチュサポ⑬
H29.7.11認知症スチュサポ⑭
H29.7.11認知症スチュサポ⑮
2年1組、2組のみなさん、ありがとうございました!!(o^-^)尸~☆


3日間を通じて…
中学生のみなさんは、もしかしたらいずれ昭和町を巣立ってしまうかもしれないですが、この講座で学んだことを忘れずにいてくれれば、いずれ“認知症になってもできる限り住み慣れた地域で暮らせる”ことが実現できるのではないかなぁ~と感じました☆☆

「670円です!」さて、どうやって出せばいいか?~中学生認知症サポーター養成講座②より~

2017.8.31 木曜日

よっちゃばれし! 地域包括支援センターです!!

今回も『認知症スチューデントサポーター』\(00)ゝのつづきをお伝えします!7/11には2年3組、4組が受講をしてくれました♪

慣れない環境や、センタースタッフの気合いが伝わりすぎたり?!で、講座の最初では中学生のみなさんの雰囲気が固いなぁ~と思うことがあります。
せっかくなら楽しく学んでもらいたい!という思いから、今年は“キャッチゲーム”を導入してみました(☆Д☆)キラリーン♪
H29.7.10認知症スチュサポ①
キャキャキャ…キャッチ!のかけ声をかけると、さすが若さあふれる中学生!右手も左手も、両方できた子たちが多かったのはさすがですね~!(o^-^)尸~☆

さらに講座の合間には、住民キャラバンメイトのHさんによる脳トレも実施~!
H29.7.10認知症スチュサポ②
①片方の手指を1本折った状態で、左右の手が違う形のまま10まで数える
②歌を歌いながら右手で三拍子、左手で二拍子を書く
ということを行いました(^◇^)
特に②には「難しい!」という声も多かったですが、出来なくてもやろうとすることが大事ですからね☆


そして前回もお伝えした、認知症の人やその疑いがある人への“望ましい対応“を考えて、実践してもらいました(^_-)☆

こちらは1例目の『コンビニ』編の様子。
「670円になります。500円玉はありますか?」
H29.7.10認知症スチュサポ③
H29.7.10認知症スチュサポ④
認知症になって実行機能障害が現われると“670円”はわかっても、どの小銭で支払えばいいのかがわからなくなることがあります。
考え抜いた末、「財布を貸してください。」と小銭を財布から出してくれる店員さんたちでしたヾ(^-^;)


続いて2例目の『下校中』編の様子。
「おじいちゃん、どこ行くんですか?」「おらぁー、家へ帰るだよ。」
「帰る方向間違っています!こっちですよ!」「え?あんた誰で?」
H29.7.10認知症スチュサポ⑤

H29.7.10認知症スチュサポ⑥
見当識(現在の年月や時刻、自分がどこにいるかなど、基本的な状況を把握すること)障害があると、方向感覚が薄れて道に迷ったり、遠くに歩いて行こうとします。
最後は中学生のみなさん、Mさんと一緒に自宅まで帰ってくれました
(。´-д-)。O○


そして恒例の記念写真ッ(・_/■ゝ パチ
H29.7.10認知症スチュサポ⑦


もう一枚、ハイポーズ(ノ≧▽≦)ノ
H29.7.10認知症スチュサポ⑧
斬新なポーズですが、焼けた肌にオレンジが良く映えた1枚ですね♪

受講後のアンケートでは、
「勇気を出して声をかけたり、手助けをすることができそう。」
「認知症は何もできなくなるわけではなく、サポートしてあげればいろいろなことができるのだと分かった。」
「認知症の人と接するのはすごく難しいと思ったけど、少し気遣ってあげれば普通の人と同じように生活できると思うようになった。」
などと、想像以上にいろんなことを感じてくれていました\_( -ω-)

3、4組のみなさん、ありがとうございました!!

今年も誕生!押原中学校から『スチューデントサポーター』~中学生認知症サポーター養成講座より①①~

2017.8.28 月曜日

よっちゃばれし! 地域包括支援センターです!!

7/7、7/10、7/11の3日間に渡って、押原中学校の2年生を対象に『認知症スチューデントサポーター養成講座』を行ないました~☆
この講座はスタートして5年目になりますが、すでに卒業生を含めて800人の生徒が受講してくれています(☆Д☆)キラリーン♪

今年度も住民キャラバンメイト(認知症サポーター養成講座の講師役)の、西条一区のMさん、河西地区のHさんも携わってくれ、初日には5、6組が受講をしてくれました(^o^)
H29.7.7認知症スチュサポ①
事前アンケートで2年生全員に『認知症という言葉を聞いたことがありますか?』と聞いたところ、“聞いたことがある”が161人(約97%)と高い数値でした!
中学生にこの講座を始めた平成25年は122人(約82%)だったので、数年で知名度が上がっているのがわかりますφ(゚ロ゚;)ソウダッタノカ


恒例の動物チェックテストも、みんな真剣ッ!
H29.7.7認知症スチュサポ②
10種類以上書けた生徒さんもこ~んなにいました(≧∇≦)ъ
H29.7.7認知症スチュサポ③



そして認知症スチューデントサポーター養成講座初の試み!
DVDで認知症の人やその疑いがある人への“悪い対応”を見た後に、みんなで“望ましい対応“を考え、実践してもらいました(^_-)☆

1つめの場面は『コンビニ』で店員さんになってもらい、2組に発表をしてもらいました☆ちなみに認知症者役はキャラバンメイトのMさんです
(*´м`*)
H29.7.7認知症スチュサポ④


H29.7.7認知症スチュサポ⑤
「小銭はありますか?」という声かけをしても、首をかしげるMさん。
店員さんたちも困り、次に「財布を見せてくれますか?」と財布から直接小銭を受け取っていました。

とっても優しい声かけではありましたが、会場からは「直接財布を取っちゃうのはどうなのかな?」というするどいご指摘ッΣ(`д´*ノ)ノ!!!!
確かに認知症の人だって、私たちと同じで財布を直接見られてしまうのは気分が良くないかもしれませんね?


2つめの場面は『下校中』で、道に迷っている方に対してどう声をかけるかを、同じく2組に発表をしてもらいました☆
H29.7.7認知症スチュサポ⑥

H29.7.7認知症スチュサポ⑦
演じてくれた側も、見ていた側もとっても良く考えてくれて、中学生なのにすごいな~と思わせてくれました“”ハ(^◇^*)パチパチ♪


最後はスチューデントサポーターの証に、オレンジリングをつけて記念写真(・_/■ゝ パチ
H29.7.7認知症スチュサポ⑧

H29.7.7認知症スチュサポ⑨


おまけにスナップ写真もいただきました♪
H29.7.7認知症スチュサポ⑩
H29.7.7認知症スチュサポ⑪
受講後のアンケートには、
「認知症は予防も大事だけど、その後の地域の人の支えも大切だという考え方に変わった」
「そんなに大変じゃないと思っていたけど、その人も関わる人も大変なんだなと思った」
と書かれていました!!
こんな頼もしい中学生がいる昭和町って、本当に心強いですね!!
5、6組のみなさん、ありがとうございました(≧∇≦)ъ

てんややわんやも楽しい『脳トレカフェ?!』 ~いいっぱより~

2017.8.23 水曜日

よってけし! 地域包括支援センターです!!

今年度2回目の言いっぱなし聞きっぱなしカフェを5/9(火)に開催しました!
前回のカフェは今年度初回ということもあり、参加者が少なくさびしい感じがありましたが、2回目のカフェは参加者がちょっぴり増えました☆

「脳トレたっぷり筋力トレーニング!」と題し、今井整形外科の運動指導士である川上先生と一緒に頭を使いながらトレーニングを行いました ヾ(。・ω・)ノ

トレーニングといっても、決して激しいようなことはせず、椅子に座りながらの簡単な運動を行います。しかし頭であれこれ考えながらやるとすごく良い効果がでるんです。

まずは、輪をつかってそれを隣の人、そのまた隣の人へとバトンのようにつないでいきます。

~ルール~
青色のバトン=右手でもらい、右隣の人の右手へ渡す。
緑色のバトン=左手でもらい、左隣の人の左手へ渡す。
黄色のバトン=片方の足でもらい、もう片方の足で渡す。

このルールを守りながら、できるだけスムーズに次の人へとつないでいきます。
H29.5月言いっぱなし聞きっぱなしカフェ①

はじめはスムーズにまわっていましたが、だんだんとスピードが速くなると。。。
H29.5月言いっぱなし聞きっぱなしカフェ②

3つの輪が同時に1人に集中し、てんやわんやになる場面も\(~o~)/

やっている最中は輪のことばかりに集中して特に意識はしていないですが、腕の曲げ伸ばしや足を上げた状態を保っているなど、自然と筋肉に良い刺激を与えているんです。φ(゜O゜ )! ソウダッタノカ

ここで、川上先生からの脳トレクイズ!!( ゚_ゝ゚)ノ
H29.5月言いっぱなし聞きっぱなしカフェ➂

お題は、「日」という漢字に一画足して別の漢字をつくるというものです。
全部で8個あるのですが、みなさんはわかりますか??

①「白」、②「田」、③「目」
H29.5月言いっぱなし聞きっぱなしカフェ④

④「旧」、⑤「旦」、⑥「申」、⑦「由」
徐々に回答が出ていき~
H29.5月言いっぱなし聞きっぱなしカフェ⑤

最後の一つ、分かる人?!
H29.5月言いっぱなし聞きっぱなしカフェ⑥




、、、、、⑧「甲」♪
H29.5月言いっぱなし聞きっぱなしカフェ⑦

制限時間内に無事回答ができ、拍手喝采でした\(>0<)/
楽しい講座の時間も終わり、最後はほっと一息ティータイム( ^^) _U~~
H29.5月言いっぱなし聞きっぱなしカフェ⑧

このひとときがたまらないですね♪

このカフェは介護のことに限らず、日頃の何げないことを気軽に話せる場としてさまざまな方にご参加いただいています。興味をもったらお気軽にお立ち寄りくださいませ~ (´∀`σ)σ

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< 12月 >>

昭和町ブログ・マスコット
ほたるん
PAGE TOP