2021年10月

コンポストの状況をお知らせします

2021.10.21 木曜日

みなさん、こんにちは!
環境経済課の環境衛生係です。

ダンボールコンポストの状況をお知らせします。

これまでお伝えしてきた、トウモロコシの芯ですが、大きな変化がありませんでしたので、
少し砕いてみました。
      ↓
10月19日(気温18度)
10月19日 もろこし

10月20日(気温22度)
10月20日 もろこし

今後も随時、観察していきます。

また、別のスペースに新しいものを入れてみました!
               ↓
10月13日 チーズ、ミカンの皮など
10月13日 チーズ


1週間後にはこのようになりました!
10月20日
      ↓
10月20日 みかん


芋虫のようなものも、見つけました。
10月20日 いもむし

どのような虫かわかる方がいましたら、ご一報くださいm(_ _)m

次回もぜひ、ご覧ください!

こんにちは!ファミリーサポートしょうわです!!

2021.10.13 水曜日

9月27日(月)、10月8日(金)両日、令和3年度ファミサポフォローアップ研修を行いました。
『乳児サポートで大切にしたいこと』について、助産師の村松美音先生をお招きし、和気あいあいとした雰囲気の中多くの事を学ばせていただきました。
フォローアップ研修2

フォローアップ研修1


たった10年、されど10年。乳児保育の研究が進み分かってきた事が多くあります。その手法を、とてもわかりやすく教えていただきました。例えば、赤ちゃんの骨格に基づいた授乳後の排気(げっぷ)の出やすい抱き方や、皮膚の研究からシャワー浴の推奨など、昔より進化した乳児保育の手法を知りました。
また、KYT(危険予知トレーニング)シートを使って、家庭の中を、保育環境として改めて見直しました。参加してくださった皆様の意識の高さに感心させられました。

令和時代の子育てについても、助産師として日々ママたちに関わる先生から、”孤育て” を強いられている現況が伝えられました。コロナ禍だからこそ、人と人とのつながりがとても大切であるとの言葉は、胸に残りました。
『マスクが当たり前の今は、表情から気持ちが見えにくいものです。だからこそ、温かみのある言葉や行動で ”心のふれあい” をしていきましょう。』
皆の心がしっかりつながった素敵な時間でした。昭和町の子育て支援に、太い芯が通った感じでした。
村松先生、参加してくださった皆様、ありがとうございました !!

こんにちは!ファミリーサポートしょうわです!!

2021.10.5 火曜日

天高く、透き通った空気が心地よい季節になりました。もう10月ですね。

マスクの着用・手洗い・黙食・消毒や換気など、新しい生活様式が始まって、もう少しで2年です。大人にとっても、子どもたちにとっても、たくさんの事を我慢してきた時間でした。秋は、なんだか急に淋しくなったり、眠りが浅かったり、寒暖差が大きいため自律神経が乱れてしまいがちです。ましてやコロナ禍の真っただ中、ストレスを感じてしまうのは自然なことですね。

新聞でも報じられていましたが、国立成育医療研究センターが、”第5回コロナ×こどもアンケート”を行ったそうです。
『 ストレスを感じた時 (いやなことがあったりイライラしたとき) あなたはどんなことをして気持ちを楽にしていますか?』 という質問を小学生~高校生に尋ね、子どもたちからたくさんの声を集めました。そしてその声を、 『 こどもが考えた気持ちを楽にする23のくふう 』 という冊子にまとめています。

ファミサポ 23のくふう


ぜひ、検索してご覧になってください。子どもたちが自分で考え工夫しているという生きた言葉に胸が熱くなります。切なくなります。ファミサポでも一冊コピーしました。来所する際は、ぜひお手に取り読んでみてくださいね。
今を受け入れ、何とか工夫して乗り越えようとしている子どもたちの姿には、たくましさと希望も感じました。心の中を聞かせてくれて、ありがとう !!
秋の日の朝、凛とした澄み切った光が心を照らします。少しずつでも前へ進んでいきましょう !!

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< 10月 >>

昭和町ブログ・マスコット
ほたるん
PAGE TOP