山梨県昭和町 > 町政情報 > 情報公開

メインメニュー

Main Content

情報公開・個人情報保護

情報公開制度

情報公開制度って、なに?

 情報公開制度は、昭和町が持っている情報(公文書等)を町民の皆さんからの請求により公開する制度です。昭和町に関する情報は、これまで広報紙やパンフレットなどで町民の皆さんにお知らせしてきましたが、これらの情報は、昭和町から提供したものであり、必ずしも皆さんの欲しい情報とは限りませんでした。そこで、昭和町が持っている情報を町民の皆さんの選択により利用していただくための仕組みとして設けたものです。この制度の実施により、行政がより一層開かれたものとなり、町民の皆さんと行政との信頼関係が強化され、公正な行政の運営が図られることを目指しています。

情報公開の請求ができる人は?

○町内に住所のある人
○町内に事務所や事業所がある個人・法人・団体
○町内の事務所や事業所に勤務している人
○町内の学校に在学している人
○町の事務事業に利害関係のある人
※なお、これらに該当しない方からの公開の申出に対しても、公開に応じるよう努めます。

どんな情報が請求できますか?

 平成14年4月1日以後に実施機関の職員が職務上作成又は取得した文書、図画、写真及び磁気テープ等で、組織的に用いるものとして実施機関が保有しているものです。
なお、平成14年3月31日以前に作成又は取得した情報について公開の申出があった場合も、できる限り提供するよう努めます。

公開できない情報があります

 情報公開制度では、昭和町が持っている情報は公開する事が原則です。しかし、次のいずれかに該当する情報については、例外として公開できないことがあります。
○個人に関する情報であって、特定の個人が識別され、又は識別され得る情報
○公開することにより、法人等に明らかに不利益を与えると認められる情報
○公開することにより、国等との協力関係又は信頼関係を損なうおそれのある情報
○公共の安全と秩序の維持のため、公開しないことが必要であると認められる情報
○意思決定過程における情報であって、公開することにより、公正かつ適正な意思決定に支障が生ずるおそれのある情報
○公開することにより、事務事業の公正かつ適正な執行を困難にするおそれのある情報
○法令や条例の定めるところにより公開することができないとされている情報

 なお、非公開となる情報でも、一定期間を経過することにより公開することができるものは、その期間の経過後に公開します。(時限開示)
また、1つの情報に非公開となる情報が含まれている場合でも、それ以外の部分は公開します。(部分開示)

 非開示決定などに不服がある場合は、町に不服申立てができます。
この申立てに応じて、有識者からなる情報公開・個人情報保護審査会が公平な審査を行います。

町政情報 メニュー

広告スペース
財団法人峡中広域シルバー人材センター
システムインナカゴミ
重次法律相談事務所
広告募集中 広告の内容に関する一切の責任は、広告主に帰属します。広告及びそのリンク先のページの内容について昭和町が保証するものではありません。