山梨県昭和町 > 町政情報 > 町の財政

メインメニュー

Main Content

町の財政

予算

平成31年度当初予算概要・主要事業

平成31年第1回昭和町議会定例会において、平成31年度の一般会計・特別会計の当初予算が提案され、3月22日に議決成立しました。
 平成31年度は、町長の改選期であることから、義務的経費、経常経費及び継続事業を中心とした「骨格予算」を基本として編成し、新規施策などの政策的予算につきましては、6月補正予算に計上することになります。
今年度当初予算は、一般会計及び6つの特別会計の総額が、117億628万円で、前年度比は3.0%の増となります。骨格予算のため新規事業は計上していませんが、継続事業として、給食センター増築・改修工事、町道30号線新設改良事業、緊急輸送路閉塞建築物耐震診断事業等の関係経費を計上しています。
 また、経常経費としての社会保障関連経費は依然として増加傾向にあり児童措置・児童支援事業補助費、自立支援給付費等を増額計上しています。

財政事情の公表

平成30年度予算(下半期)執行状況

 この『財政事情』は、「昭和町財政事情の作成及び公表に関する条例」に基づき、町民のみなさまに町の状況をお知らせすることにより、町の財政の実態と施策についてご理解いただき、町政の発展についてご協力を得るため、公表しているものです。
 今回は、平成30年度下半期の予算執行状況についてお知らせします。

決算

財政状況

町政情報 メニュー

広告スペース
財団法人峡中広域シルバー人材センター
システムインナカゴミ
丸久ホテル神の湯温泉株式会社
深澤社会保険労務士事務所
広告募集中 広告の内容に関する一切の責任は、広告主に帰属します。広告及びそのリンク先のページの内容について昭和町が保証するものではありません。