山梨県昭和町 > くらしガイド > 生活便利帳

メインメニュー

Main Content

生活便利帳

参加したい > ボランティア
昭和町子育てボランティアの会

子どもたちがより幸せを感じ、たくましく健やかに育つことを願い、活動する母親の集まりです。子どもたちのため、保護者のために様々な研修や活動を行っています。

主な活動:たこあげ大会、親子DEチャレンジ、たのしいクッキング、フラワーアレンジメント講習会、ほか

ふるさとふれあいまつり、児童館まつり、ミニ門松作り、じどうかん“みんなであそうぼう”にも協力しています。

問い合わせ先: 昭和町押原児童館 TEL(275)6462

昭和町社会福祉協議会

ボランティアを通してお年寄りや小さいお子さんと何をしてふれあったらよいのかと悩むことありませんか?ボランティアサロンコーディネーター講習会で、誰にでも出来る簡単な手芸・歌・ゲームなどを学んでみませんか?

5月19日(水)午後1時半から3時半まで
場所 総合会館 軽運動室 
今回は、社会福祉協議会主催で、山梨県レクリエーション協会へお願いして、ボランティアの資質向上を図るため、高齢者を対象としたレクリエーションを行います。
ボランティア連絡協議会会員だけでなく多くの皆さんのご参加をお待ちしています。

今後の年間予定 7月21日・9月15日・10月20日・11月17日・1月19日・3月16日

昭和町赤十字奉仕団

昭和町赤十字奉仕団は、現在23人のメンバーで活動しています。
 
 過去3年間は救急法の研修を主としてきましたが、その他、非常食の炊き出し訓練をしたり、町内外の災害救助訓練などにも参加しています。もちろん家庭看護法、幼児安全法の研修会を受講するなど、赤十字の奉仕団としての基礎も学んでいます。
 町内には青少年赤十字に加盟して活発に活動している保育園もありますし、団員の中には保育園の先生もいますので、青少年赤十字の研修会にも積極的に参加しています。
 またメンバーに、他のボランティア団体のリーダーも何人かいますので、いざという時に大きな力になってくれるのではないかと思います。
 
 奉仕団として日常の奉仕活動ができるよう、これからも団員増加に向けて活動を続けていきたいと思います。

ボランティアグループ ふたば会

ふたば会は29年前、幼児教育学級を受講した仲間が、子育てと教育プランを根本から見直す共有の時間を持つことに重点をおいて集まり、ふたばが大きな木に成長するように「ふたば会」と命名しました。

 子ども達が成長した後、まず身近な事から自然に地域に根ざす役割として、ボランティア活動に力を入れました。
昭和61年社協のボランティアグループに登録し、県や郡のボランティアの行事に参加したり、町内一人暮らし高齢者、虚弱高齢者のふれあいランチ及び、給食サービスの協力等を行っています。
 また、町のふれあい祭りや福祉まつりに手芸品や手作り食品等を出店・販売し、寄付させていただいています。

 これからもボランティア活動を通じて、皆様のお役に立てるよう会員の親ぼくを計りながら、8名努力していきたいと思います。

ボランティアグループ ぶどうの会

私たちの会は、山梨県「女性のつばさ」海外研修に応募参加して、研修終了後結成され10年目を迎えた4人組です。
 活動は、町社協と山梨県海外女性セミナー(女性のつばさの名称変更)連絡協議会の諸事業への参加協力、県内各地視察研修、そして会員の夕食会を兼ねての情報交換会です。

 町社協の「ふれあいランチ」と「ミニデイサービス」の給食サービスは、私たちの手作り料理を喜んで食べていただける以上に、高齢者から学ぶことが数多くて、貴重な体験をさせていただいております。
 
 去年、八ヶ岳大泉図書館を視察しました。女性館長さんに館内を案内・説明していただきました。
 夜10時まで利用できる夜間貸し出しと、今では当たり前になりましたが、インターネットによる情報提供を積極的に行っておりました。

 このような勉強会を今後も続け、ボランティアにつながればと思っております。

ボランティアグループ つくし会

「つくし会」は昭和63年に発足、現在会員数12名で、主な活動内容は「焼きそば活動」です。
 会員は青少年育成会の指導者で、各種イベントで子どもたちのために「焼きそば」を焼いた経験と特技を活かして、「福祉まつり」等において「焼きそば」の販売を無償で続けています。
 1回の活動で500食余り焼いて販売していますが、味は皆様から絶賛をいただいています。

ボランティアグループ ひまわり会

私たち「ひまわり会」は、地域で週に1回月曜日に行われているヨーガ教室から生まれました。
 平成8年に発足し、今年で6年目のグループです。
 
 現在7名ですが、勤めている方もいますので時間的に活動が困難な場合もあります。
 そんな時にはお互いに助け合いの精神を持ってヨーガで鍛えた気力と体力で、お年寄りの食事サービス、また地域のボランティア活動に参加しています。

 明るく・さわやか・元気と、ひまわりの花のようにグループの輪を広げ、活動を続けていきたいと思います。

手話サークル ほたる会

幼児から高齢者まで年齢層も広く、男性・女性を問わず仲良く月2回、聴覚障害者の方を講師に招き、手話の学習やボランティア活動に参加しています。
 
 手話サークル「ほたる会」も、今年で20年目を迎えました。去年は郡・県からボランティアグループとして表彰を受けることができました。
 諸先輩に感謝すると共に今後、時代にあったボランティアを見据えながら、尚一層何事にも積極的に楽しく活動できたらと思っています。

 町・郡・県への種々の活動協力を、また聴覚障害者大会へ手話の実践勉強を兼ねての参加、仲間との心のふれあいを大切に、健康に気を付けながら共に歩んでいきたい・・・地域と共に歩んでいきたい・・こんな思いでいっぱいです。

心身障害児者親の会 ひばり会

平成3年6月昭和町に在住している、心身・身体にハンディキャップを持つ子供の父母により「ひばり会」を結成しました。
 育児の悩みや、保育園・学校への不安、また卒業後の子どもたちがどのような問題に直面し、答えを出していくのか、いろいろな親からのアドバイスや情報を収集して、暗中模索しながら自立した生活を目指し、現在に至っています。
 
 当初は学童9名・未就学児2名を抱えた親たちのスタートでしたが、現在は子どもたちも13名、就労が6名・学童6名・未就学児1名と成長しています。
 
 活動は、福祉の勉強会や県外・県内の施設見学、親ぼくを深めるための親子レクレーション、また地域にひばり会を知ってもらうため、ふれあい祭りや福祉まつりに出店したり、福祉の催し物等に積極的に取り組んできました。
 今後は、地域での生活支援及び、就労場所の確保が親たちの一致した願いです。
 そのためにひばり会の活動を充実させ、地域や行政に働きかけをしています。

 ハンディキャップがあることで、今まではボランティアに助けていただくことが多かったのですが、最近ではボランティア活動に参加をして、親子でお手伝いをしています。

3B体操の会

高齢者の方を対象に、ストレッチ・3B体操・輪投げ。バッゴーなどの軽スポーツを通じて体を動かし、参加者同士の親睦を深め、交流をしていただく。
月1回、第3火曜日 スポーツふれあいサロンとして

構成人数 6名

くらしガイド メニュー

広告スペース
財団法人峡中広域シルバー人材センター
システムインナカゴミ
丸久ホテル神の湯温泉株式会社
重次法律相談事務所
宗教法人大城寺広告バナー
広告募集中 広告の内容に関する一切の責任は、広告主に帰属します。広告及びそのリンク先のページの内容について昭和町が保証するものではありません。