山梨県昭和町 > くらしガイド > 生活便利帳

メインメニュー

Main Content

生活便利帳

母子の健康 > 母子手帳交付
母子手帳をもらうには

妊娠した方(医師、助産師により妊娠が確認できた方)は早期に妊娠届けをし、母子健康手帳の交付を受けてください。

母子健康手帳には、母子のより良い健康づくりを応援するための情報が記載されています。また、妊娠の初期から高校までの間の母と子の一貫した健康記録にもなります。


<交付日>
 毎月3回(下記スケジュール表をご覧ください)


<時間>
 午前の日:9時から11時30分
 午後の日:1時30分から4時00分

<申請場所>
 昭和町総合会館


<持ち物>
 印鑑、個人番号カードもしくは個人番号通知カードと運転免許証
 



※母子健康手帳と一緒に、妊婦一般健康診査受診票、HTLV-1(ヒトT細胞白血病ウイルス1型)抗体検査受診票、クラミジア抗原検査受診票、妊婦歯科検診受診票を発行しています。

※面接をしながら、ご様子を伺うため15~20分程度の時間を要します。お時間に余裕をもってお越しください。なお、母子手帳交付日に来所ができない場合は、いきいき健康課までご連絡ください。

マタニティーマークのキーホルダーを配布しています!

マタニティマークは、妊産婦にやさしい環境づくりの一環として、厚生労働省より発表されました。外見では分かりにくい妊娠初期の妊婦さんや、お産を終えたばかりの産婦さんへの心遣いなど、やさしい環境づくりを推進するためのマークです。
昭和町においても、マタニティーマークを積極的に推進をしており、妊婦さんを対象に、マタニティーマークのキーホルダーを配布しています。

<対象者>
 昭和町にお住まいの妊婦さん
<配布時>
 母子健康手帳交付時

※転入された方等、まだお持ちでない妊婦さんにもご希望に応じて配布していますので、お問い合わせください。



  

マタニティーキーホルダー
妊婦健診及び妊婦歯科検診の助成について

妊娠中の健康管理の充実を図り、安心して妊娠・出産が出来る体制づくりを目的として、昭和町では下記の助成を行っております。

 ☆妊婦一般健康診査費(14回分)
 ☆HTLV1抗体検査
 ☆クラミジア抗原検査
 ☆妊婦歯科検診


妊娠が確認されましたら、できるだけ早く市町村に妊娠の届け出を行い、母子手帳及び妊婦健診受診票の交付を受けましょう。


<対象者>
 昭和町に住民票のある妊婦さん
 (転出の際には利用できません)

※他市町村から転入された方は、転入前の市町村で交付された妊婦一般健康診査受診票をご持参の上、いきいき健康課にお越しください。


<交付時>
 妊娠届出時(母子手帳交付時)


<助成内容>
 ・1回の妊婦健診受診につき、上限額6,000円で、最大14回分を助成します。
  またHTMLV-1抗体検査は2,290円、クラミジア抗原検査は1,920円を上限
  に、各1回を助成します。
   (上限額を下回る場合には、その額での助成となります。)
  妊婦歯科検診は指定する町内歯科医において1回分の検診費用を助成します。 

 ・里帰り出産などで、県外で妊婦健診を受ける妊婦さんにも助成をしています。
  詳しくはご連絡ください。

※詳しくは、下記までお問い合わせください。
  いきいき健康課 tel:055-275-8785

くらしガイド メニュー

広告スペース
財団法人峡中広域シルバー人材センター
システムインナカゴミ
丸久ホテル神の湯温泉株式会社
重次法律相談事務所
宗教法人大城寺広告バナー
広告募集中 広告の内容に関する一切の責任は、広告主に帰属します。広告及びそのリンク先のページの内容について昭和町が保証するものではありません。