山梨県昭和町 > くらしガイド > 生活便利帳

メインメニュー

Main Content

生活便利帳

母子の健康 > こどもの事故防止と応急処置
子供の発達と事故例

こどもの事故は、発達と結びつけて適確に対応することで大部分は防ぐことができます。

・大人より視野が狭いので、空間を把握する力が足りません。
・手に触れたものは、何でも口に持ってゆきます。
・好奇心が強く、予想もできないような遊び方や、道具の使い方をします。
・前後左右の判断ができず、とつぜん飛び出したりします。
・じっとしているのが苦手で、そのうえ注意力不足です。

子供の発達と事故例1 子供の発達と事故例1
転落・転倒

・寝返りによる転落事故
・階段やベランダ・窓からの転落事故
・子供用ハイチェアによる転落事故
・自転車からの転落事故

☆家庭でできる応急手当

・頭を打ったとき
 傷口から出血しているときの手当は、ガーゼで傷口が閉じるように圧迫し、安静にして様子を見ましょう。意識がない、吐く、けいれんしているなどの場合には、すぐに救急車を呼び、吐物による窒息を防ぐために顔を横に向けて、体を動かさないようにします。もし、呼吸がない場合には、気道を確保して、人工呼吸をしましょう。又、いつまでも不機嫌な状態が続くようなときは、病院に行きましょう。頭を打った場合には、遅れて症状がでることがありますので、安静にして1日〜2日は注意深く観察しましょう。

・体を打ったとき
腕や足などを打ったときは、冷たいタオルで打った部分を冷やします。又、おなかを強く打ったときは、衣類を緩めて、動かしたり揺すったりせずに安静にして病院へ運びましょう。

誤飲・窒息

<多い事故>
 日用品類・・・たばこ・小銭・おもちゃ・ボタン・電池 など
 薬品類・・・・洗剤・殺虫剤・化粧品 など
 食品類・・・・ピーナッツ・豆類・アメ・こんにゃくゼリー など


☆家庭でできる応急手当

・チェックポイント
 1.何を飲んだのか
 2.いつ飲んだのか
 3.どれだけの量を飲んだのか
 4.顔色が悪いなどいつもと違うところはないか
 5.けいれんを起こしていないか
 6.意識ははっきりしているか
 7.誤飲したものの容器、袋、説明書などを持って行く


子供が誤って何かを飲み込んだときには、水や牛乳を飲ませ、吐かせるのが原則ですが例外もあるので注意しましょう。

・誤飲の際の対応のポイント

・タバコ ・パラジクロル ・除光液 ・トイレ用洗剤
・大部分の医薬品等 ・ベンゼン ・灯油 ・漂白剤等の
  ・ナフタリン ・ガソリン  強酸アルカリ
  ・防虫剤等 ・ベンジン等の
 揮発性物質
 
水や牛乳を飲ませる 牛乳は飲ませない 何も飲まない 牛乳・卵を飲ませる
       
のどの奥を刺激してすぐ吐かせるようにする 防虫剤等は油に溶けやすいので牛乳を飲ませると毒物の吸収を早める 吐いたものが気管に入り肺炎などを起こすので吐かせない 無理に吐かせると食道などの粘膜を痛めるので吐かせない
吐かせる 吐かせる 吐かせない 吐かせない
※至急病院へ ※至急病院へ

・少量の誤飲ではほとんど無害なもの(1gまたは1ml未満)
酒、冷蔵庫用脱臭剤、保冷材、マッチの先端、ろうそく、インク、クレヨン、絵の具、えんぴつ、消しゴム、墨汁、粘土、糊、石けん、おしろい、口紅、化粧水、乳液、香水、ベビーオイル、ベビーパウダー、ハミガキ粉、シャンプー、へアートニック、シリカゲル、線香、蚊取マット、花火、靴墨

やけど

<多い事故>
 ・ポットや炊飯器による熱傷
 ・テーブルクロスを引っ張り、熱いものをかぶる
 ・台所でのやけど


☆家庭でできる応急手当

 まず、流水で痛みがなくなるまで十分に冷やします。早く冷やし始めるほど効果がありますので服を着たままでもかまわず冷やすようにしましょう。

・皮膚が赤くなった程度のやけどをしたとき
範囲が小さく、赤くなった程度ならまず流水で十分冷やします。痛みがとれれば清潔なガーゼなどで覆うようにしましょう。

・低温やけどのとき
湯たんぽやカイロなど比較的温度の低いものに長時間触れたためにできたやけどは、小さくても皮膚の深くまでやけどが進行していますので、冷やしながらすぐ病院に連れて行きましょう。

・範囲が広いとき・深いとき
氷を入れたビニール袋や冷たいタオルで冷やしながら、救急車で病院へ連れて行きます。

いざという時に慌てないために

もし事故が起こってしまったら、まず気持ちを落ち着けて行動しましょう。そのためにもふだんから準備と心構えが大切です。

(1)緊急時の連絡先(主治医、夜間休日診療)などは、いつでもわかるようにメモをしておきましょう。かかりつけの医師、病院の電話番号などは、電話の前に貼っておきましょう。

<休日、夜間の事故・救急の場合>
 ・甲府市救急医療センター
  TEL:055-226-3399
 ・小児初期救急医療センター
  TEL:055-226-3399

<休日、夜間などの子供の病気・けがなど判断に迷った場合>
小児科医師・看護師へ電話相談ができます
 ・小児救急電話相談  
  TEL:#8000

<毒性の高いものを飲み込んだ場合>
子供が薬、化学薬品、有毒植物などを飲み込んでしまったときは下記の2ヶ所で情報の提供と相談が行われています。
 ・つくば中毒110番
  TEL:0990-52-9899(9時〜17時、12/31〜1/3を除く)
 ・大阪110番
  TEL:0990-50-2499(24時間年中無休)

※受診が必要な場合は、飲み込んだ毒物がわかるよう、薬品の説明書やパッケージ等を病院に持っていくようにしましょう。

<救急車を呼ぶ場合>
 1.119番を回し「救急です」とはっきりと告げる
 2.聞かれたことにはっきりと答える
  ・氏名、住所、目印、電話番号
  ・「いつ」「どこで」「どうした」のどの状況説明
 3.到着するまでに何か処置する必要があるかたずねる。

(2)母子健康手帳・保険証・診察券などは、ひとまとめにし、いつでも持ち出せるようにしておきましょう。小銭やテレホンカード、ある程度の現金も一緒にしておくと便利です。

(3)救急箱に不足しているものや期限切れのものはないか常に点検し補充しておくと便利です。また消毒液、ガーゼなどは常に補充しておきます。

備えて安心 救急箱

くらしガイド メニュー

広告スペース
財団法人峡中広域シルバー人材センター
システムインナカゴミ
丸久ホテル神の湯温泉株式会社
重次法律相談事務所
宗教法人大城寺広告バナー
広告募集中 広告の内容に関する一切の責任は、広告主に帰属します。広告及びそのリンク先のページの内容について昭和町が保証するものではありません。