山梨県昭和町 > くらしガイド > 生活便利帳

メインメニュー

Main Content

生活便利帳

防災・救急 > 昭和町木造住宅耐震化推進事業
昭和町木造住宅耐震化推進事業について

本町では、“災害につよいまちづくり”を目指し、新耐震基準施行日である昭和56年5月31日以前に建築された木造個人住宅の『耐震診断事業』、『耐震改修設計事業費補助事業』、『耐震改修事業費補助事業』、『耐震シェルター設置事業費補助事業』を実施しております。

これは、平成7年1月に発生した阪神淡路大震災において、新耐震基準施行以前に建築されたこれらの建築物が多数倒壊し、多くの人命が失われる等の甚大な被害を及ぼしたことから、これらの災害を未然に防止するための耐震化推進事業の一環として実施しているものです。

大地震に備える第一歩として、ぜひご活用ください。
※詳細については関連ファイルを参照するか、問合せ先までご連絡をお願いします。
 また、これらの補助事業は事業着手前の手続きが必要となりますのでご注意下さい。
 
 

■耐震診断
 木造個人住宅に対して、昭和町が委託した建築士が調査を行い、地震に対する強度を診断します。

▽対象住宅
・昭和56年5月31日以前に着工された住宅
・木造在来工法で建築された住宅
・併用住宅の場合は、延べ床面積の過半が住宅の用に供されているもの
・2階建て以下のもの
・長屋及び共同住宅以外のもの
・町内に住所を有する耐震診断希望者が所有し、かつ居住しているもの

▽診断費用
・無料 (費用は国・県・町で負担)

▽申込方法
・申込書(下記参照)に必要事項を記入し、都市整備課まで提出してください。

※総合評点とは…
 耐震診断による総合的な耐震判定は次のとおりです

・1.5以上・・・・・・・・・・・安全である
・1.0以上~1.5未満・・・一応安全である
・0.7以上~1.0以上・・・やや危険である
・0.7未満・・・・・・・・・・・倒壊または大破壊の危険がある


■耐震設計
 耐震診断の結果、総合評点1.0未満の住宅を1.0以上に耐震補強する改修工事を行いたい方に、耐震改修設計費用を補助します。

▽対象住宅
・耐震診断による総合評点が1.0未満と診断された住宅

▽補助額
・耐震改修設計費用の3分の2以下 (限度額20万円)

▽申込方法
・申込書(下記参照)に必要事項を記入し、都市整備課まで提出してください。


 

■耐震改修
 耐震診断の結果、総合評点が1.0未満と診断された住宅を1.0以上に耐震補強する改修工事に対して、その経費の一部を補助します。

▽対象住宅
・耐震診断による総合評点が1.0未満と診断された住宅

▽補助額
 ◎一般世帯…工事費用の2分の1以下 (限度額100万円)
 ◎高齢者等世帯…工事費用の3分の2以下 (限度額120万円)

▽申込方法
・補助申込みのための適合条件等があるため、事前に都市整備課にご相談ください。


■耐震シェルター
 耐震診断の結果、総合評点が1.0未満と診断された住宅に耐震シェルターを設置する工事に対して、その経費の一部を補助します。

※耐震シェルターとは
 居間や寝室などに設置することにより、地震が起きた際、住宅本体が倒壊しても生命を守るための安全な空間を確保するための装置をいいます。

▽対象住宅
・耐震診断による総合評点が1.0未満と診断された住宅

▽補助額
 ◎一般世帯…工事費用の2分の1以下 (限度額18万円)
 ◎高齢者等世帯…工事費用の3分の2以下 (限度額24万円)

▽申込方法
・補助申込みのための適合条件等があるため、事前に都市整備課にご相談ください。

くらしガイド メニュー

広告スペース
財団法人峡中広域シルバー人材センター
システムインナカゴミ
丸久ホテル神の湯温泉株式会社
重次法律相談事務所
宗教法人大城寺広告バナー
広告募集中 広告の内容に関する一切の責任は、広告主に帰属します。広告及びそのリンク先のページの内容について昭和町が保証するものではありません。