山梨県昭和町 > くらしガイド > 生活便利帳

メインメニュー

Main Content

生活便利帳

健康保険 > 国保で受けられる給付
国保で受けられる給付

次のような場合は、かかった医療費をいったん全額自己負担しますが、申請により国保が審査し、決定した額の7割があとで支給されます。
※保険税に未納がある場合は、保険給付が一時差し止めになり、未納分に充当になる場合があります。詳しくは町民窓口課国保年金係へ。

療養費の支給

■やむを得ず保険証を持たずに治療を受けたとき。
 不慮の事故などで国保を扱っていない病院で治療を受けたり、旅行先で急病になり保険証を持たずに診療を受けた時などの場合。

◇申請に必要なもの
申請書、診療内容の明細書、領収書、保険証

■生血を輸血したときの費用

◇申請に必要なもの
申請書、医師の診断書(又は意見書)、血液提供者の領収書、輸血用生血液受領証明書、保険証

■コルセットなどの補装具代

◇申請に必要なもの
申請書、医師の診断書(又は意見書)、領収書、保険証

■医師の同意または指示で、はり・灸・マッサージなどの施術を受けたとき

◇申請に必要なもの
申請書、医師の同意書、明細な領収書、保険証

■骨折やねんざなどで保険診療を扱っていない接骨院で治療を受けたとき

◇申請に必要なもの
申請書、明細な領収書、保険証

■海外渡航中に治療を受けたとき

◇申請に必要なもの
申請書、診療内容の明細書※、領収書※、保険証

※が外国語で作成されているときは、日本語の翻訳文が必要です。

高額療養費の支給

病気やけがで医療機関にかかり、医療費の自己負担額が高額になった場合、支払った金額の一部が支給されるものです。

 入院などで医療費の自己負担額が1ヶ月に一定額を超えて支払った場合に、その超えた額を国民健康保険が負担し、申請により後日払い戻されます。
 医療費は、月の1日から末日までを1ヶ月として、医療機関、入院、通院、歯科ごとに、別計算となります。なお、差額ベッド代など保険対象外の医療費は含みませんのでご注意下さい。
 なお、該当者と思われる方には、通常診療月の翌々月に役場からハガキを送付致しますので、そのハガキと国民健康保険証、印鑑、医療機関の領収書をお持ちのうえ、国民健康保険係りの窓口で申請して下さい。

詳しくは、町民窓口課、電話番号275-2111までお問合せ下さい。

出産育児一時金の支給

被保険者が出産したとき支給されます。妊娠12週(85日)以降であれば、死産・流産でも支給されます。

◇申請に必要なもの
申請書、母子健康手帳、保険証、死産・流産の場合は医師の証明書

葬祭費の支給

被保険者が亡くなったとき、葬祭を行った人に支給されます。

◇申請に必要なもの
申請書、死亡証明書、保険証

移送費の支給

重病人の入院や転院などの移転に費用がかかったとき、申請し国保が必要と認めた場合に支給されます。※詳しくは国保担当の窓口までお問合せ下さい。

◇申請に必要なもの
申請書、医師の意見書、領収書、保険証

くらしガイド メニュー

広告スペース
財団法人峡中広域シルバー人材センター
システムインナカゴミ
丸久ホテル神の湯温泉株式会社
重次法律相談事務所
宗教法人大城寺広告バナー
広告募集中 広告の内容に関する一切の責任は、広告主に帰属します。広告及びそのリンク先のページの内容について昭和町が保証するものではありません。