山梨県昭和町 > くらしガイド > 生活便利帳

メインメニュー

Main Content

生活便利帳

介護保険 > 各種手続
介護サービス利用の手順

介護サービスの利用の手順

1 サービスを選びます
在宅でのサービスを中心に利用したい方は居宅サービス
施設に入所を希望される方は施設サービス


2 居宅介護支援事業者に連絡 
町でご案内している事業者一覧又は、お知り合いの事業者から担当のケアマネジャーを選び連絡します。町でもご相談に応じます。

居宅サービス計画作成依頼届出書
要介護認定を受けたときは、町ではなく民間の居宅介護支援事業者が担当ケアマネになります。居宅サービス計画の作成を依頼したときは、いきいき健康課に居宅サービス計画作成依頼届出書を提出します。

介護予防サービス計画作成依頼届出書
要支援認定を受けたときは、町直営の昭和町地域包括支援センターが担当ケアマネになります。介護予防サービス計画の作成を依頼したときは、いきいき健康課に介護予防サービス計画作成依頼届出書を提出します。


3 ケアプランの作成・サービス利用
担当のケアマネジャーと一緒にケアプランを作ります。
サービス事業者と契約します。
ケアプランにそって介護サービスを利用 します。
利用したサービス費用の1割を支払います。

環境を整えるためのサービス

介護保険サービス利用者の日常生活の自立度の向上や、ご家族の介護負担の軽減するため、「環境を整えるためのサービス」として以下のサービスを提供しております。
なお、利用にあたっては事前に担当ケアマネージャにご相談の上、サービスの利用が必要と判断される場合にご利用が可能となります。

【特定福祉用具購入・介護予防福祉用具購入】

 支給対象は、5種類ですが「生活便利帳」の「介護保険で利用できるサービス」の「介護サービス《要介護1~5の人》」の中でご確認ください。

 福祉用具を購入された場合は、購入された福祉用具のパンフレットと領収証を添えて「福祉用具購入費支給申請書」を提出してください。年間10万円までが限度額で、購入額の1割または2割(平成27年8月~)が自己負担額となります。

【居宅介護住宅改修・介護予防住宅改修】

介護保険の給付対象となる改修工事の内容は次のとおりです。

①段差の解消
②滑り防止・移動の円滑化等のための床・通路面の材料変更
③引き戸等への扉の取り替え
④様式便器等への便器の取り替え
⑤その他各工事に付帯して必要な工事(内容により保険給付対象外となる場合もあります。)

なお、住宅改修を行う場合は、「事前申請」が必要となります。
申請手続き等詳細については、添付ファイルの【住宅改修のながれ】を参照願います。

また、原則的に同一住宅・同一対象者の改修限度額は20万円となります。
ただし、介護度が著しく重くなった場合(3段階以上重くなった場合)は、既に20万円の限度額を支給済であっても、特例として再度支給を受けることができます。ただし、この取り扱いは同一住宅・同一要介護者について1回が限度となります。

【福祉用具購入費・住宅改修費の支払について】

福祉用具購入費・住宅改修費については、原則的に利用者が全額を一旦業者へお支払いただきます。購入・改修完了の関係書類を提出いただいた後に、自己負担割合に応じて8割又は9割分(平成27年8月~)を「償還払い」で利用者へお返しいたします。

なお、購入費・改修費の全額を業者へ支払うことが困難である場合は、利用者は自己負担の1割又は2割(平成27年8月~)を業者へお支払いただき、保険給付分の8割または9割を町から業者へ支払う「受領委任払い」の制度も必要に応じてご利用いただけます。

被保険者資格の手続
被保険者資格の手続き
引っ越してきたときには {介護保険を利用していた場合}転入の届出を終えたら、前住所地で
交付された受給資格証明書を持参して、いきいき健康課で手続きします。
{介護保険を利用していない場合}転入の届出がされると、介護保険
被保険者証が郵送されます。
引っ越すときには {介護保険を利用していた場合}転出の届出を終えたら、介護保険被
保険者証を持参していきいき健康課で受給資格証明書の交付を受けて
から転出先の介護保険窓口へ提出して下さい。
{介護保険を利用していない場合}転出の届出を終えたら、介護保険
被保険者証をいきいき健康課に返却して下さい。
町内で転居する場合や
名前等の変更があるとき
町民窓口課で届出がされると、変更後の介護保険被保険者証が郵送さ
れます。同封させていただく返信用封筒にて変更前の介護保険被保険
被保険者証を返却していただきます。
お亡くなりになったときには 後日、介護保険被保険者証をいきいき健康課に返却していただきます。
ご家族の方の口座が分かるもの(預金通帳等)をお持ちください。
介護保険料が還付される場合があります。
介護保険被保険者証 65歳になると、役場から介護保険被保険者証が郵送されます。(手続き不要)
介護保険被保険者証を破損、紛失したときは、いきいき健康課にて再交付の
手続きをして下さい。要介護認定を受けるたびに、新しい介護度が載っている
保険証が交付されます。

くらしガイド メニュー

広告スペース
財団法人峡中広域シルバー人材センター
システムインナカゴミ
丸久ホテル神の湯温泉株式会社
重次法律相談事務所
宗教法人大城寺広告バナー
広告募集中 広告の内容に関する一切の責任は、広告主に帰属します。広告及びそのリンク先のページの内容について昭和町が保証するものではありません。