山梨県昭和町 > 町政情報 > 町の財政

メインメニュー

Main Content

町の財政

予算

当初予算

令和3年第1回昭和町議会定例会において、令和3年度の一般会計・特別会計の当初予算が提案され、3月19日に議決成立しました。 一般会計及び6つの特別会計の総額は、123億9,976万円で、前年度比は4.4%の増となります。今年度当初予算は、法人税の減収が見込まれる中、新型社会保障の充実、次世代教育環境整備、快適な住環境整備に重点を置く予算編成といたしました。

 町制施行50周年を迎える今年度は、新しい半世紀に向けての転換期であり、豊かな昭和町を維持し続けるためにも更なる行財政改革が必要となっております。今後も事業の内容や優先度の精査、適切な公共施設のあり方等を検討しつつ、将来世代へ責任を持った持続可能な財政運営を行ってまいります。

《主な内容》町制施行50周年記念事業、新型コロナワクチン接種事業、常永小学校増築事業、小中学校ICT教育環境整備事業、昭和玉穂中央通り線道路整備事業(用地購入)

令和3年度 4月臨時補正

令和3年昭和町議会第1回臨時会に、一般会計補正予算(第1号)が提案され、4月30日に議決成立しました。
 今回の補正予算は、新型コロナウイルス感染症まん延防止措置区域通勤通学者検査費用支援事業及び3活プレミアム付き商品券事業により、緊急的に予算措置を講じました。

令和3年度 6月補正

 令和3年昭和町議会第2回定例会に、一般会計補正予算(第2号)及び国民健康保険特別会計補正予算(第1号)が提案され、6月10日に議決成立しました。
 今回の一般会計補正予算(第2号)は、新型コロナウイルスワクチン接種対策費、低所得子育て世帯生活支援特別給付事業費、民間保育所施設等整備事業費等を主に、当初予算編成後の緊急対応を要する経費の予算措置を講じました。

令和3年度 9月補正

 令和3年昭和町議会第3回定例会に、一般会計補正予算(第3号)及び特別会計補正予算(6特別会計)が提案され、9月17日に議決成立しました。
 今回の補正では、歳出については、新型コロナウイルスワクチン接種経費、ICT関連経費及び町道124号線道路用地補償費、歳入については前年度繰越金を中心に増額いたしました。また、余剰金については、校舎建設基金と一般財政調整基金へ積立てを行いました。

財政事情の公表

令和2年度予算(下半期)執行状況

『昭和町財政事情の作成及び公表に関する条例』に基づき、令和2年度下半期の予算執行状況についてお知らせいたします。

決算

令和2年度決算状況

令和2年度の決算が確定し、9月の定例町議会において承認されましたので、お知らせいたします。

 一般会計と6つの特別会計を合わせた決算は、歳入155億382万円、歳出149億2415万円で、差し引き5億7967万円となりました。差引額のうち、令和3年度へ繰越すべき財源は、1360万円となっています。

財政状況

財政指標

昭和町の財政状況を示す各種財政指標についてお知らせします。
財政の弾力性、借金の占める割合、財政状況が健全であるかなどを判断する指標です。

健全化判断比率

財政健全化法により、健全化判断比率(4指標)と資金不足比率について公表します。

 昭和町の令和2年度決算については、早期健全化基準及び経営健全化基準を下回る比率であり、健全であるといえます。

固定資産台帳

町政情報 メニュー

広告スペース
公益社団法人 峡中広域シルバー人材センターバナー
システムインナカゴミ 広告の内容に関する一切の責任は、広告主に帰属します。広告及びそのリンク先のページの内容について昭和町が保証するものではありません。