山梨県昭和町 > 町政情報 > 町の財政

メインメニュー

Main Content

町の財政

予算

令和2年度当初予算

 令和2年第1回昭和町議会定例会において、令和2年度の一般会計・特別会計の当初予算書が提案され、3月19日に議決成立しました。一般会計及び6つの特別会計の総額は、118億7,165万円で、前年比は1.4%の増となります。

 今年度は、法人住民税法人税割の税率引き下げに伴い、法人住民税が減収する見込みであり、さらに新型コロナウイルス感染症がもたらす経済への影響は多大なものであることから、本町においても厳しい財政運営を強いられる状況にあります。しかしながら、社会保障関連経費は依然として増加傾向にあり、国の推進するICT教育環境の整備も重要項目となっております。

 以上より、今年度当初予算は、町民の利便性向上を目的とする各施策や増幅する社会保障関連経費に対応する予算編成といたしました。

《主な内容》
証明書コンビニ交付システム導入事業費、町道30号線道路新設工事、小中学校のICT機器借上費用及びセキュリティ強靭化事業費、会計年度任用職員制度に対応した人件費、障害者自立支援給付費、保育無償化に伴う保育所等給付費

令和2年度 6月補正予算概要

 令和2年昭和町議会第2回定例会に、一般会計補正予算(第2号)及び特別会計補正予算(3特別会計)が提案され、6月10日に議決成立しました。
 今回の一般会計補正予算(第2号)は、新型コロナウィルス感染症拡大防止対策費並びに経済対策費の経費、及び当初予算編成後の緊急対応を要する経費の予算措置を講じました。

令和2年度 9月補正予算概要

 令和2年昭和町議会第3回定例会に、一般会計補正予算(第4号)及び特別会計補正予算(6特別会計)が提案され、9月18日に議決成立しました。
 今回の補正では、新型コロナウイルス感染症対策経費として、予防接種委託費、子育て応援給付金、副食費助成事業費等を増額し、それに伴う歳入項目についても増額補正いたしました。新型コロナウイルス関連以外の経費としては、GIGAスクール構想による学校ICT施設設計等業務経費、庁内機構改革に伴う費用等の予算措置を講じました。

令和2年度 12月補正概要

 令和2年昭和町議会第4回定例会に、一般会計補正予算(第5号)及び特別会計補正予算(5特別会計)が提案され、12月6日に議決成立しました。
 今回の一般会計補正予算の歳入では、新型コロナワクチン接種体制確保に伴う国庫補助金を新たに計上し、社会保障・税番号制度システム整備費補助金、障害者自立支援給付費負担金を増額いたしました。また、新型コロナウイルス感染症の影響に伴い、学校給食費保護者負担金及びプール等の教育施設使用料の減額をいたしました。
 歳出では、新型コロナワクチン接種体制確保に伴うシステム改修委託費、町制施行50周年記念事業の経費等を新たに計上いたしました。また、情報系ネットワーク機器更新業務及びリース料については、国の方針変更により来年度に見送ることとなったため減額しております。
他会計繰出金につきましては、介護保険特別会計、介護サービス特別会計、下水道事業特別会計をそれぞれ減額いたしました。
その他、事業執行に伴う不用額を減額し、剰余金を財政調整基金へ積立いたしました。

令和2年度 2月専決補正概要

 令和3年昭和町議会第1回定例会において、一般会計の2月専決補正予算(第6号)が承認されました。
 
 今回の補正予算は、新型コロナウイルスワクチン接種の体制整備及びふるさと納税寄附金の事業拡大に伴う予算編成であり、歳入歳出ともに関連する予算を増額計上しております。

令和2年度 3月補正概要

 令和3年昭和町議会第1回定例会において、一般会計の2月専決補正予算(第6号)が承認されました。
 
 今回の補正予算は、新型コロナウイルスワクチン接種の体制整備及びふるさと納税寄附金の事業拡大に伴う予算編成であり、歳入歳出ともに関連する予算を増額計上しております。

財政事情の公表

令和元年度予算(下半期)執行状況

 『昭和町財政事情の作成及び公表に関する条例』に基づき、令和元年度下半期の予算執行状況についてお知らせいたします。

令和元年度決算概況・令和2年度予算(上半期)執行状況

 令和元年度決算概況・令和2年度予算(上半期)執行状況について公表いたします。

決算

令和元年度決算

 令和元年度の決算が確定し、9月の定例町議会において承認されましたので、お知らせいたします。

 一般会計と6つの特別会計を合わせた決算は、歳入127億431万円、歳出121億9,331万円で、差し引き5億1,100万円となりました。差引額のうち、令和2年度へ繰越すべき財源は、5,845万2千円となっています。

財政状況

財政指標

昭和町の財政状況を示す各種財政指標についてお知らせします。
財政の弾力性、借金の占める割合、財政状況が健全であるかなどを判断する指標です。

健全化判断比率

 財政健全化法により、健全化判断比率(4指標)と資金不足比率について公表します。

 昭和町の令和元年度決算については、早期健全化基準及び経営健全化基準を下回る比率であり、健全であるといえます。

固定資産台帳

町政情報 メニュー

広告スペース
公益社団法人 峡中広域シルバー人材センターバナー
システムインナカゴミ
丸久ホテル神の湯温泉株式会社 広告の内容に関する一切の責任は、広告主に帰属します。広告及びそのリンク先のページの内容について昭和町が保証するものではありません。