ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 本庁 > 総務課 > 第5次昭和町行財政改革大綱

本文

第5次昭和町行財政改革大綱

11 住み続けられるまちづくりを
ページID:0005095 更新日:2022年4月1日更新 印刷ページ表示

第5次昭和町行財政改革大綱

行財政改革の取り組み

 町では、平成8年度に「昭和町行財政改革大綱」を策定し、現在に至るまで行財政改革への取り組みを推進してまいりました。

 これからの地方自治体は、自らの責任において、地方自治本来の課題に対し政策、制度改革を具体的に検討する必要があります。また「平成の大合併」の最中、合併をせず自立したまちづくりを歩み出す昭和町は、限られた人材と財源で近隣の市との地域間競争に打ち勝ち、さらに質の高い行政サービスの提供を、実現しなければなりません。こうした状況を踏まえた中で、持続可能な財政運営と計画的で効率的な事務事業の推進に努めるとともに、新たな時代に対応した人材育成と行政課題に柔軟に対応できる組織体制の構築など、継続的な行財政運営への創意工夫が求められます。

 これらの課題を解決し、行政ニーズに応え、第6次総合計画に掲げる「未来への魅力あふれる昭和町 ~暮らしやすさ一番を目指して~」の実現を図るため、町では行財政改革を積極的に推進して参ります。

計画の期間

 計画期間は、令和4年度から令和8年度までの5年間としますが、社会情勢や町内組織体制などの状況の変化に応じて、柔軟に適宜見直しを図ります。

第5次行財政改革大綱

 ・第5次昭和町行財政改革大綱 [PDFファイル/664KB]

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)